本文へスキップ

やす社会保険労務士事務所は助成金申請を得意分野とする枚方市の社労士事務所です。

よくある質問SERVICE&PRODUCTS

社労士と他の専門家の違いは?

社会保険労務士は、従業員がいれば発生する労働保険と社会保険に関するさまざまな手続きを事業主に代わって行っています。その他御社に合う助成金をいつもチェックし、受給できるように手続きをしたり、煩雑な給与計算を担うことができます。

 社会保険労務士は会社のリスクを防止できる就業規則、各種の社内規定、労使協定などを作り、会社のルールや仕組みを整えます。 社会保険労務士は、労働時間や賃金などの労働条件について適正であるかアドバイスもでき、また、労使間でトラブルがあった場合は事業主の相談に乗ったり、適切な問題解決をし、安心経営のサポートを致します

就業規則はなぜ作るの


会社経営するということは、従業員に規律を守らせ、円滑に会社を運営していく義務と責任が生じます。決まりごともなく放任していては、会社内がルーズになり、コントロール不能となってしまいます。

就業規則は会社のルールブックです。
それを見てこの会社はきちんと管理されている会社か、野放しにしている会社かが一目瞭然と言っても過言ではありません。 内容が古かったり、企業の実態に合ったものでないと、例えば懲戒を行わなくてはならない場面で、例えば顧客情報を悪用した社員がいる場合、そのような内容で懲戒規定が定まっていない場合は、裁判の場面では、解雇しようにも解雇無効となってしまうといったトラブルになります。

交通事故でも言えますが、いざ遭ってからが、相当の労力と時間が必要になってしまいます。労働トラブルも同様で、従業員との無用なトラブルを防ぐにはどうしたらいいかと想定しておくほうが賢明です。

労働者を守るのが労働基準法です。 会社を守るのは就業規則です。

御社の就業規則は大丈夫ですか?


仕事の依頼はスポットでもいいですか


「助成金申請だけ頼みたい、労働保険年度更新のやり方がわからない、まずは労働保険、社会保険の新規適用だけしてほしい」
などのスポットでも業務をおこなっています。
もちろん顧問契約でも給与計算、入退社手続き、社内規定の策定等おまかせでも業務を承っています。

きちんとした会社組織にしていきたいが具体的にどこを直せばいい?


「何年か会社をやっているが、社内の活気が失われているような気がしている。」
「人のことでも悩みや不安が多くなった。」


* 社員も見るところは見ています。個々の成長、頑張りを認める給与体系でしょうか?
* 労基法に則った給与計算を行い、従業員に説明を求められた時に根拠を示せるものでしょうか?
* 会社に損害を与える問題従業員、全体の士気を下げるさぼり社員はペナルティを与える必要があり、治らない場合、最悪、会社の為には辞めていただく必要もあります。

ペナルティ 解雇の実力行使の前に沢山やらなければならないことがあります。人事の専門家、社労士に相談してください。

採用がうまくいかない


「採用でいい人が定着しない・・・」
こんな悩みを持つ経営者さんが多いです。
採用時のやりとりにより、その後のトラブルがかなり減らせます。
1、採用時に契約書を交わすことが重要
2、14日以内にこの会社にいてもらうか結論を出す。(14日以内に辞めてもらうことにより解雇予告手当を出す必要がなくなります)

採用後安心するのでなく、十分この2点を押さえましょう。

社会保険のない会社、休日が満足に取れない会社や給与が労働に見合った額ではない会社はやはり人集めが大変になります。


社労士と他の専門家の違いは?


社会保険労務士は、労働保険や社会保険の手続きだけでなく、就業規則や社内規程を作って社内制度を整えたり、労働時間や賃金などの労働条件や労使間に生じるトラブルの相談に乗ったりもします。

労働法の専門家でない人が就業規則や社内制度を作っても、最新の労働法・労働事情に沿っていないためトラブルの元となる可能性があります。また、
最近激増している労働トラブルに(解雇など)対して適切な解決策を導き出せません

あと、労働保険、社会保険には入っているけれど、いざというときの保険給付(労災手続き、健康保険の傷病手当金など)をしてほしい時は、他の士業は聞いてもわからないことがあります、そんなときには社労士の出番です。

助成金は社労士が専門ですので、いつも新しい情報を持っています。 労働法の法改正をいち早くチェックし、現場に生かすのも社労士の仕事です。 社会保険労務士は労働法の知識を持ち、お客様の「わからない」にお答えできます。労働法/労務に詳しい社労士だからこそ、御社の問題点を提起できます。