Yasu Labor and Social Security Attorney Office
  • 電話番号
  • お問合せ

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 外国人労働者雇用
  • >
  • 日本人の自己表現は大丈夫?
  • 日本人の自己表現は大丈夫?

    グローバル化が進んでいると言われる昨今、職場にも

    外国人労働者がちらほら増えてきました。

     

    外国人ここにびっくり

     

    ・時間になったら、誰かに忖度することなくすぐ帰る。

    ・不満に思うことを我慢せず、言ってくる

    ・自分の仕事ばかりで、全体の進み具合など興味なし。

     

    会社があって自分があるでなく

    自分があって会社がある・・・という風情。

    ずっとそこに勤めないからなのでしょうか。

     

    私も帰国子女に驚いた

     

    私の話ですが、昔大学の時にブラジルからの帰国子女がいて先生に

    怒った感じで自分の意見をぶつけていたことを思い出しました。

     

    普通年頃の大半の女性は、感じ良く波風立てないように意見を「提案」

    するように思ったので、その帰国子女は年もいかないのにすごいと思うと

    同時に、あんな風にによく言うよなと思ったものです。

     

    それもそのはず、ブラジルでは自分の考えを他人に伝える

    訓練を家庭や学校で小さいころからしているそうなのです。

     

    日本人は、周りとの協調を大切にしすぎる民族は

    どうしても、自分の意見を通したいときに、周りへ

    気を使ってしまう一面があると思います。

    「自分勝手と思われたくない」「一人で何を怒ってんの」

    そう思われたくないと思うと意見を言えなくなってしまう。

     

    グローバルな雇用の社会は、転職して自分の給料を伸ばしていく

    そのためには自己主張も必要になってくるのですが。

     

    昔の終身雇用は壊れつつあるので、小さいころからの

    自己表現の訓練は、国家的にやった方がいいと思っています。

     

    日本人は目立たず会社に忠誠を誓い自己主張しないのが善とされています、それでいいのでしょうか。

    (外国の人は自分勝手でも周りから批判されていないような気がします。

    お互い様とか言って。でも反対に日本に自己中心的な人間ばかり増えたらどうなるのでしょう。)

    2020年8月10日

    主な業務内容

    助成金申請代行・就業規則等各種規定の作成、見直し・労務トラブル相談解決・行政機関の調査対応・労働保険、社会保険手続代行・給与計算代行

    当事務所へのお問い合わせはこちら

    • 電話番号
    • お問合せ
    このページのTOPへ