Yasu Labor and Social Security Attorney Office
  • 電話番号
  • お問合せ

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 外国人労働者雇用
  • >
  • シンガポール労働事情と日本
  • シンガポール労働事情と日本

    シンガポールのビザが厳格化しています。

    目的は自国民の雇用が外国人に奪われている?から

    自国民の雇用を確保・強化するためだそうです。

     

    専門職向けビザが早稲田、慶応卒の30歳日本人の現地駐在社員の

    場合月給50万以上ないと降りないということです。

    ・・・学歴でも見るんですね、一部の方しかいらん。ってか・・

    今まで、外国人を入れ続けたことの揺り戻しととらえました。

    以前の記事 シンガポールが外国人労働者を規制しています。

     

     

    現地日本料理店の店員はこれまでも高卒でも

    シンガポールビザを得るには

    8千シンガポールドルの月給を求められていた。

    日本円に直すとなんと62万4000円の月給。これさえも基準が

    上がりそうなのである。

     

    単純労働者はもう入れないという意思が感じられます・・。

     

    話は変わりますが、日本では新内閣が発足しましたが

    総裁選の主張でも東京を金融センターにしたいとか言った方は

    誰もいませんでした。

    私は、何もわからずに言うのははばかられますが

    国土も狭く、資源のない国シンガポールが

    どう繁栄を手に入れたか見習ったらどうかと思っています。

    2020年9月17日

    主な業務内容

    助成金申請代行・就業規則等各種規定の作成、見直し・労務トラブル相談解決・行政機関の調査対応・労働保険、社会保険手続代行・給与計算代行

    当事務所へのお問い合わせはこちら

    • 電話番号
    • お問合せ
    このページのTOPへ