Yasu Labor and Social Security Attorney Office
  • 電話番号
  • お問合せ

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 労働トラブル
  • >
  • パワハラはレコーダー録音出されたらどうなるでしょう?
  • パワハラはレコーダー録音出されたらどうなるでしょう?

    パワハラしている人は

    「その人のために言ってやってるんだ」

    「そうやって厳しく教えられてきて今の自分がある」

    など言うのですが。

     

    証拠としてレコーダーで記録されたものを提出されたら一発アウトです。

     

    今の風潮として「被害者がハラスメントと捉えると

    それはハラスメントである」というものがあります。
     
    パワハラで社員がやめた、助成金はどうなりますか(前回ブログ)

     

    ハラスメントしている側はすべてにおいて不利だということを認識する必要がありそうです。

     

    パワハラをレコーダーで録音は証拠になります。

     

    ところで、会社内でレコーダーを用いて勝手に上司のパワハラの事実を録音するのは法的に

    どうなるのでしょうか。

    1977年の東京高裁判決の内容で

    「勝手に録音は違法だが、民事裁判上の証拠として用いることは可能である」

     
    秘密録音は仮に就業規則などで禁止されていても
    職場秩序の維持の目的にかなうものとして許容さ
    れる場合が多いと考えられるそうです。
     
     
    パワハラや職場内暴力の事実を訴えようとしても
    証拠がなくては門前払いされることもあり、
    証拠を得るにはこのような(無断の)録音しか
    方法はないということも考慮されているようです。
     

    今や、スマホにもレコーダが標準でついています。
     
    新聞でも一部上場企業がパワハラをした記事が載る

    時代ですので、今一度職場環境のチェックを

    お願いします。

     

     

     

    2020年12月4日

    主な業務内容

    助成金申請代行・就業規則等各種規定の作成、見直し・労務トラブル相談解決・行政機関の調査対応・労働保険、社会保険手続代行・給与計算代行

    当事務所へのお問い合わせはこちら

    • 電話番号
    • お問合せ
    このページのTOPへ