Yasu Labor and Social Security Attorney Office
  • 電話番号
  • お問合せ

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 労働保険
  • >
  • 支店の閉鎖に関する手続き
  • 支店の閉鎖に関する手続き

    支店の閉鎖に関わる手続き

     
    コロナ禍の現在、お店だと不採算店を閉めたり
     
    会社の営業所を閉めたりすることもあるのでは
     
    ないでしょうか。
     

    支店作ったときは

     
    まず前提は支店作ったときは

    労働保険保険関係成立届

    労働保険概算保険料申告書

    その支店に対して作成して出す。

    (本来はその事業所に一つ労働保険番号も
     
    振り出されるのですが)
     
    (支店の管轄の労働基準監督署に出します)
     
    本社一括で労働保険料を申告できた方が
     
    会社には都合が良いのでふつうはそうします。
     
    (支店が独自で労働保険料払うのでしたらそうしない。)
     
    そのため本社管轄の労基署に出すのが

    労働保険継続事業一括認可追加(取消)申請書

    雇用保険の方で支店が手続きができない状態で
     
    本店にまかせたい場合は
     

    雇用保険事業所非該当承認申請書


     
    支店を管轄するハローワークへ出す。
     

    で、支店の一つが抜ける時は

     
    何もしなくてよいと言ってるネット記事
     
    もありましたが、
     
    私は
     
    労働保険継続事業一括認可(取消)申請書で
     
    支店の一つを取り消しました。
     
    雇用保険の方は、問い合わせしたところ
     
    非該当を出した施設で支店をなくす時は
     
    何もしなくてよいというお返事でした。
     

    2021年5月1日

    主な業務内容

    助成金申請代行・就業規則等各種規定の作成、見直し・労務トラブル相談解決・行政機関の調査対応・労働保険、社会保険手続代行・給与計算代行

    当事務所へのお問い合わせはこちら

    • 電話番号
    • お問合せ
    このページのTOPへ